わたしの人生には、たいしたドラマなんて起こらないはずだった。

STORY ストーリー

自由奔放な文化系女子の緑(28才)と優柔不断なおぼっちゃまの真生(28才)。2人の交際は4年が経ち、いわゆるマンネリカップルになっていた。
8月、真生のインド出張が決まる。次に会えるのは3か月後になるというのに全く寂しそうじゃない緑。素っ気ない態度の緑に対して、ふてくされたままの真生はインドへと旅立っていく。
10月、慣れない土地で血迷った真生は、緑へ毎日メールを送っていた。その都度やる気のない返信はあったが、2か月目にさしかかると、ついに連絡が途絶えた。
そんなある日、緑は具合が悪くなりトイレへと駆け込む。「・・・・・・妊娠したかも」と気づいた緑。思いっきり泣きはらし、気持ちが落ち着いてから久しぶりに真生へメールを送った。
11月、真生がインドから帰国し、緑と病院に行く。そして真生の母・里江に緑を紹介するが、そのまま医師である里江に診察をしてもらう。「どうして5ヶ月も気づかなかったの?
つわりは?出産はどこでするの?実家に帰るの?」と問いただされ、何も気づかず、全く何も考えていない緑に呆れる里江。
妊娠5ヶ月目に入っている事実に愕然とする2人は、「あ・・・・・・結婚・・・・・・する?よね」「・・・・・・うん。どうして?」「・・・・・・いや・・・・・・一応・・・・・・」と、流れで結婚を決め、準備を進めていく。
まず、緑は真生の家へと引っ越す。大雑把な緑と神経質な真生、一緒に住みはじめても全く正反対の2人は些細なことでも揉めてばかり。次にお互いの家族を紹介する。真生は幼いころに両親が離婚、長く連絡をとっていなかった、和歌山で暮らす父親の吉村に連絡をとり、仕事の都合で上京した父親と久しぶりに会う。そのまま緑の働くレストランへ連れていき紹介する。続いて真生が緑の実家へ挨拶に向かう。緑が生まれ育った昔風の日本家屋に新鮮さを感じたり、仲の悪い姉・美幸から緑がバンドをやりたくて上京したことや、金髪のヘアスタイルで口元にピアスをあけた昔のパンキッシュな昔の緑の写真を見たりと、今まで知らなかった緑の過去を初めて知る。

page top