CAST キャスト

菊池亜希子 Akiko Kikuchi
1982年生まれ、岐阜県出身。
独特の存在感で女優としても注目を集め、2010年映画『森崎書店の日々』(10/日向朝子監督)で初主演。その後、『ファの豆腐』(11/久万真路監督)、『よだかのほし』(12/斉藤玲子監督)で主演を務め、その他『ぐるりのこと』(08/橋口亮輔監督)、『わが母の記』(12/原田眞人監督)、『深夜食堂』(15/松岡錠司監督)など映画への出演が続いている。また、著書として「みちくさ」(小学館刊)、「菊池亜希子のおじゃまします」(集英社刊)を刊行。12年から年2回で発売している書籍「菊池亜希子ムックマッシュ」(小学館刊)では編集長を務め、累計27万部を超えるヒットシリーズとしてカルチャー好きの男女から強く支持されている。
中島歩 Ayumu Nakajima
1988年生まれ、宮城県出身。
美輪明宏主演の舞台「黒蜥蜴」のオーディションで200名の中から雨宮潤一役に選ばれ、2013年4月、同舞台で俳優デビュー。NHK連続テレビ小説「花子とアン」で仲間由紀恵演じる蓮子の駆け落ち相手・宮本龍一役で大抜擢され、人気を集める。14年には舞台「いきてるものはいないのか」に出演するなど、いま注目の若手俳優として期待されている。また「黒蜥蜴」(15/4/4~新国立劇場)の再演が決定している。
臼田あさ美 Asami Usuda
1984年生まれ、千葉県出身。
10代の頃からモデルとして活動後、ドラマ、映画、CMと幅広く活躍。ラブコメディ『ランブリングハート』(10/村松亮太郎監督)で映画初主演を果たし、ひとり二役を演じる。その他の映画出演作に『色即ぜねれいしょん』(09/田口トモロヲ監督)、『キツツキと雨』(12/沖田修一監督)、『鈴木先生』(13/河合勇人監督)、『桜並木の満開の下に』(13/舩橋淳監督)、『さいはてにて』(14/姜秀瓊監督)などがある。
中村優子 Yuko Nakamura
1975年生まれ、福井県出身。
01年『火垂』(河瀬直美監督)で演じた主人公のストリッパー役が国内外で絶賛され、ブエノスアイレス国際映画祭最優秀主演女優賞を受賞。主な映画出演作に『血と骨』(04/崔洋一監督)『クワイエットルームにようこそ』(07/松尾スズキ監督)、『クヒオ大佐』(09/吉田大八監督)、『鉄男THE BULLET MAN』(10/塚本晋也監督)、『まほろ駅前多田便利軒』(11/大森立嗣監督)、『百瀬、こっちを向いて』(04/耶雲哉治監督)など。公開待機作に『野火』(7/25公開・塚本晋也監督)がある。
杏子 Kyoko
1992年、BARBEE BOYSの解散後、ソロで活動。現在、ラジオ番組のパーソナリティをはじめ、映画、舞台等にも出演し、幅広いジャンルで活躍中。昨年5月21日、全国のフィットネスジムで今話題の地中海系・エクササイズBAILA BAILAとのコラボレーションソング「One in a million(SOIL&“PIMP”ver.)と、同曲に日本を代表する湯山れい子氏による日本語歌詞をつけた「恋するBAILA BAILA」を収録したシングルをリリースした。
うじきつよし Tsuyoshi Ujiki
1957年生まれ、東京都出身。
80年にメジャーデビューしたロックバンド「子供ばんど」のヴォーカル兼ギターリストとして活躍。ライブパフォーマンスと演奏力に高い評価を得ている。88年に活動休止するが、11年に再始動。89年『226』(五社英雄監督)で大抜擢され俳優デビュー。以降、多くのテレビドラマや映画に出演を果たす。またクイズ番組やサッカー番組の司会やクイズ番組の回答者など様々な方面で活動している。
ラテ Petit tail jp Latte
フレンチブルドッグ専門犬舎プチテイルで生まれた白地に茶色のめずらしいフォーンパイドの女の子。ドッグショーに出陳し、2011年にJKCのチャンピオン犬に!表情はとってもクールだけど、食べるの大好き、人大好き!美味しいものくれる人なら誰でもついてゆきます。今回の出演のためにお座り・待て・伏せをマスターしました!可愛がられるのが大好きでみんなに好かれる穏やかな性格の女の子です。
page top